2008年09月11日

チャビィーの思い出

今年もまた、先代犬チャビィーの法要に府中の慈恵院さんに
行ってきました。今年で7年になります。

08.9.11-4.jpg
チビだった次男も180cmの大男に成長し、圧迫感を感じる
ほどですが、チャビィーの法要に行く?と誘ったら、
「うん」と素直な返事が返ってきました。

08.9.11-5.jpg

ブログに載せようとチャビィーの写真を探したら
びっくりするほど、いろんな所に一緒に行っていました。
伊豆や北九州の海、乗鞍、大菩薩、三頭山への山登り、
ウォークラリー、フィールドアスレチック、初日の出、
旅行は数知れず…
あの時、自分のことを格別愛犬家などと思ったことはなく
ごく当たり前の生活でした。

九州の海で…

08.9.11-6.jpg

草津の雪の中で…
08.9.11-2.jpg

家を建て替えるのため、仮住まい中のアパートで…
狭かったので皆でごろ寝状態。

08.9.11-7.jpg
こんな風に子供達はチャビィーと共に成長していった…
自分で言うのもはばかられますが、優しい子に成長しました。
これもチャビィーのお陰です。
天国のチャビィーちゃん、ありがとね!


特技
とうもろこしをきれいにかじる…でした。笑。

08.9.11-8.jpg

ニックネーム MIYU&NICOママ at 15:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心あたたまる、チャビーちゃんとご家族の
貴重なお写真を拝見させていただきました
チャビーちゃんと一緒に、いろんな所にお
出かけていた事。たくさんの思い出をあら
ためて思い出し、おぼっちゃま達が今
とても優しい青年に成長なさった、それま
での長い年数。わたしは、MIYU&NICOママ
さんのブログで初めてチャビーちゃんの事を知った時、そして毎年慈恵院さんで法要
されていて、チャビーちゃんがMIYU&NICO
家の子供になって、本当に幸せだったと
思いました。どのお写真も、実に賢明で
つつましく、とっても可愛い姿と表情を
していますね。

普段、何気なく撮っている写真が、いつ
か思い出となる日が来る。考えたくはあり
ませんが、わたしも出来る限りキラサス
との思い出を作れるように、したいと
そんなことをあらためて、思いました。
天国のチャビーちゃん。ありがとう☆

Posted by キララまま at 2008年09月11日 21:52
キララまま様

ありがとうございます。
毎年、キララままさんから優しいお言葉をかけていただけるチャビィーは幸せ者です。

突然我が家にやってきた子でしたが、我が家にとっては天使のような子でした。
子供の情操教育は、チャビィーがしてくれたようなものです。

しばらくは辛くて写真も見たくないという日が続きますが、気持ちが落ち着いてから沢山の写真を見ると、その時代にタイムスリップ出来てとても満ち足りた気持ちになります。
お互い思い出をいっぱい作りましょうね〜


Posted by MIYU&NICOママ at 2008年09月12日 18:05
チャビーちゃんが亡くなってから7年になるんですね。チャビーちゃんはいつもMIYU&NICOママ様とご家族の心の中に生きているんですね。心温まるお話をありがとうございました。

チャビーちゃんと日本全国、色々なところを旅行されたんですね。

チャビーちゃんは中型犬くらいの大きさに見えるのですが、ご旅行はキャリーバックに入れて移動していたのでしょうか。新幹線などの電車も一緒に乗ったことはありますか?

写真のほかに今でもとっているチャビーちゃんグッズってあるんですか?

私はさるんば亡くなったら今まで撮ったさるんばの写真とかグッズとか悲しくて見られないし、一緒に行った場所とか散歩に行った道路ですら涙が出て通れないと思います。

それなのに今一杯写真を撮って何の意味になるのかな?と思うこともあります。犬を飼うのは大変な責任なので、さるんばは私の人生で最初で最後の犬だろうなぁと思います。

ですがお話伺うに、写真を残しておけばのちのち満ちたりた気持ちになれるんですね。やっぱり私も写真とかの思い出を今から残しておこうと思いました。ハートたち(複数ハート)

Posted by さるんばママ at 2008年09月13日 21:52
写真の一枚、一枚から、チャピーちゃんとご家族の
あたたかな記憶が、パソコンを通じて伝わってくるかの
ようです。
犬の表情は豊かなので、犬は顔を見れば、その子が
幸せであるのかどうかわかります。
チャピーちゃんは、なんと幸せな子だったのでしょう。
息子さんも法要に一緒に来たというのも、
微笑ましいです。

家族みんなに愛されて、そして亡くなった後も
想われ続けているチャピーちゃん。

私も、最初に飼った柴犬のゴエモン君と
その後飼ったビーグル犬のナナちゃんの写真を
今でも家に飾ってあります。
写真は思い出を呼び起こしてくれる貴重な
ものですよね。

チャピーちゃん、今頃天国でゆっくり暮らして
いるでしょう。ゴエモンやナナと逢えているかな。
一緒に遊んでいるかもしれませんね。


Posted by シュウ at 2008年09月14日 11:10
さるんばママ様

今から思うとよく色々と出かけたと思います。中型犬で体力があったので遠出出来たこともありますが、わたしが若かったから元気だったのでしょう。笑。

チャビィーは夫の福岡の実家まで新幹線で里帰りを毎年してました。
12キロぐらいある中型犬でしたので、キャリーバックは使えず、クレートに入れて旅行に行っていました。

チャビィーを亡くした後は、さるんばママさんがおっしゃるとおり、外を歩くのも辛い日々でした。散歩の時間になると散歩に行かなくていい自分に泣けてきて。犬のぬいぐるみをみるのも嫌で…実は7年経った今もチャビィーの服をまともに見ることが出来ません。でもそれも写真を懐かしく見ることが出来るようになったように、時間が解決してくれるでしょう。

写真は沢山撮っておきましょう〜自分の人生そのものなのですから。
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年09月15日 21:11
たかが犬、されど犬。犬を愛する者にとって犬は大事な人生のパートナーです。
犬と過ごした時間は何ものにもかえがたい時間です。この思いは犬を飼われたことのない方にはなかなかわかってもらえないのが残念です。

不思議とチャビィーのこととなると仏頂面の息子も、子供時代に戻って可愛くなります。笑。

シュウさんもゴエモン君やナナちゃんに囲まれて心豊かな子供時代を過ごされたのですね。
ゴエモン君とナナちゃん〜チャビィーをよろしくね!
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年09月15日 21:32
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1493151

この記事へのトラックバック