2008年07月14日

シルクロード 天山南路の旅 カシュガル

いよいよ、やって来ました!カシュガルです。
カシュガルはタクラマカン砂漠の西端に位置するオアシス都市。
中華人民共和国最西端の町。
人口の90%がウイグル族。ここが中国?という感じです。

《香妃墓》
清の乾隆帝に、あまりの美しさゆえに召されていった
ホージャ族の娘の墓所。

08.7.13kouhibo.jpg

イスラム教のモスクの塔の上には、必ずお月様が。
日中は暑すぎるため、夜のお月様が好きとのこと。

08.7.13kouhibo2.jpg

《バザール》下
カシュガルと言えば、バザールと言うほどなのですが、
何故か人がいない。明日の聖火リレーがある為、
色々と規制がされているようです。
ここは少数民族の町、テロの心配があるようです。

08.7.13baza-ru.jpg

スカーフ屋さん。
08.7.13baza-ru2.jpg

ドライフルーツ屋さん。
こちらの朝ご飯は、ナンとドライフルーツにチャイ(紅茶)。
その為いろんな種類のドライフルーツがあります。
小さな小さなドライイチジクが美味しいこと!

08.7.13baza-ru3.jpg

08.7.13baza-ru4.jpg

08.7.13baza-ru5.jpg

ウイグル族の帽子。
地味なのが男性用。
女性はスカーフが多かったのですが、多くの男性が
この帽子を被っていました。

08.7.13bousi.jpg

このきらびやかな生地は何?
蒲団生地だそうです。
ウイグルの人はキラキラがお好き!

08.7.13hutonkiji.jpg

こちらは毛布。これも花柄で可愛いこと。
08.7.13mouhu.jpg

お茶屋さん。
ここではお茶以外にスパイスと生薬を売っています。
ウイグルの人は、チャイダラ(茶薬)と言って、18種類くらいの
スパイスや生薬をブレンドしたパウダーを紅茶に入れて
飲む習慣があります。

08.7.13kusuriya4.jpg

どこのお茶屋にいっても、蛇とトカゲ?と針ねずみの
乾燥したものを売っています。
常用しているのかな〜

08.7.13kusuriya2.jpg

真ん中のブロック状の物は、ハチミツです。
さすが、遊牧民族の方はこの方が持ち運びやすいです。

08.7.13kusuriya3.jpg

知的好奇心を大いに触発されたわたし。
チャイダラを買わなくては…
チャイダラを飲むと体がカッカしてくるので、
冷え性のわたしにぴったりです。
ちなみのこちらの方は消化促進で飲まれているようですが。

08.7.13kusuriya6.jpg


《職人街と旧市街》下
ナン屋さん。
ここで小さいナンを買って、かじりながら職人街を散策。

08.7.13nanya.jpg

ブリキ屋さん。
08.7.13burikiya.jpg

このドアノブも一つ欲しかったなあ〜
08.7.13doanobu.jpg

08.7.13nouguya.jpg

銅の細工屋さん。
わたしは、小さなやかんを買いました。
チャイ用に…

08.7.13yakan.jpg

楽器の工房。
ウイグルの人は音楽が大好き。
すぐ歌ったり、踊ったり〜♪
チャルメラのルーツは、ウイグル族の楽器です。

08.7.14gakki.jpg

綿屋さん。
品質が良くて新疆コットンって有名なのです。

08.7.13wataya.jpg

羊の肉の吊るし売り。
08.7.13nikuya.jpg

移動販売の八百屋さん。
シルクロードの旅に出てから、食べる野菜は
トマト、ピーマン、タマネギ、インゲン、にんじん、
ジャガイモ、茄子、キュウリ。
それらの野菜を使ったバリエーション料理の連続
ですが、それでも十分美味しい〜
日本もそれでいいのではないか…
季節はずれの野菜はいらないのでは…

08.7.13yasaiuri.jpg

08.7.1308.7.13kudamonouri.jpg

08.7.13timaki.jpg

08.7.13robasya.jpg

08.7.13suika.jpg

おじいさんがロバ車でなく、バイクに乗っている。
ハイカラおじいさん。
ウイグルのおじいさんは何故か皆かっこいい!!

08.7.13ojiisan.jpg

ロバに袋をかぶせて虐待してると思いきや、
食事中とのこと。

08.7.14robasya.jpg


日干し煉瓦のお家が沢山残っている旧市街。
ここも観光の名所になっています。
若いウイグルの人は、近代的な家に住んで
います。

08.7.13kyuusigai.jpg
お年寄りは、日干し煉瓦の家が涼しいからと
なかなか引越しをしないようです。

08.7.13kyuusigai2.jpg

08.7.13kyuusigai3.jpg

お蒲団を作っているお家が。
あのキラキラ生地でした〜

08.7.13hutonntukuri.jpg

半開きのドア。
半分開いているときは、主人が帰って来ています。
男性のお客さんOKですという合図だそうです。

08.7.13doa.jpg

日干し煉瓦の家は外から見るとみすぼらしい(ごめんなさい!)
のですが、中に入るとこんなに素敵!
ブルーが大好きなんですね〜

08.7.14otakuhoumon.jpg

ここでお茶をご馳走になりました。
サンズという揚げお菓子がここではデカかった。

08.7.14otakuhoumon2.jpg

《新疆最大のモスクエイティガール寺院》
08.7.14mosuku.jpg

08.7.14mosuku2.jpg
この色使いには、見とれるばかり。
08.7.14mosuku3.jpg

次回はパミール高原。旅の最後になります。






















ニックネーム MIYU&NICOママ at 14:04| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじさんの3輪バイクは、私でも練習したら乗れるかしら^^。
美しい物がたくさんです。財布持って行ったら目移りが激しそう。
近所の建て替えで、わんこ達も怯えるぐらい揺れる我家です、ここに住んでみたいな。
寒い時期はダメですが。
朝食は私好みメニューです。
Posted by ベスりん at 2008年07月14日 20:55
ベスりん様

ほんと、あの三輪バイクならわたしも乗ってみたいです。

日本に帰ってから、あれもかれも買えばよかったと思ってばかり。お金を沢山持っていったら大変なことになりそうです。

ご近所の建て替え、大変ですね。我が家もそういう経験がありますが、ワンコもそうですがベスりんさんもきっとお疲れだと思います。くれぐれも体調にお気をつけください。
元気なママがあっての、ベス姫、弟君ですから…
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年07月15日 11:09
バザールを見ていると、ゾクゾクする程
魅力的ですね。わたしの前世はヤギかロバかラクダだったんじゃないかと思うくらい
こんな風景はたまらく懐かしい気になり
ます。スークってゴチャゴチャ、人や騒音
のイメージですが、いろいろ問題があるにしても、ラッキーでしたね。二泊三日位で、買い付けに出かけたいー☆
ウイグルのおじいさんを見ていると
中国人というより、インド人に近い風貌ですね。さらに、モスクをはじめ民家のブル
ー。なんて素敵な色合いなのでしょう。
ブリキやドアノブ。欲しい物の宝庫がここにはギュウっと詰まっていて、それは単に
素敵とかキレイとかではなくて、本能的に
コレダ!!って感じる物がイッパイありそう
な雰囲気です〜
MIYU&NICOママさんの五感もフル回転、
バンバン刺激されて、きっと大満足な旅だ
ったと、思います。タクラマカン砂漠の
旅行記。こんな貴重なお写真の数々を拝見
させてもらえるわたし達はラッキーです。

MIYU&NICOママさんが、ずっと訪れたかったタクラマカン砂漠は、イメージ通りでし
たか?いえ、それ以上だったと思います。
続編も、とっても楽しみです。

Posted by キララまま at 2008年07月15日 17:50
キララまま様

キララままさんも前世はこちらの方の方!?
わたしも自分は絶対そうだと思っています。何の理由もないのに、心が引かれ、どうしても行きたい場所になりました。そして、また行きたい…どうしても。誰か行く人募集!

人のいないバザールって、ちょっと寂しいでした。あの喧騒がいいのに。でも、スリの心配をしなくてよかったのが幸い。買い物に神経を使えました。
エーエーイ!と大盤振る舞いで欲しいものをみんな買ってくればよかったと今悔やんでばかりです。

こんなに楽しい旅はありませんでした。只一つ、悲しく思ったのは、わたしの知ってる遊牧民族の男性の凛々姿が失われているような気がしたこと。時代の流れでしょうか…
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年07月16日 09:46
「エイティガール寺院 」の装飾品は本当におっしゃる通り色使いが素晴らしいですね。壁にかかってある絵みたいなものはアラビア文字ですね。コーランが書かれてあるんでしょうね。

こちらイスラム教徒が多いのであれば、町でも額縁に入ったアラビア習字の飾りをあちこちで見かけたのではないでしょうか。

カシュガルって活気のある町なんですね。お野菜は意外にも日本と同じようなものを食べているんですね〜。

ハリネズミにはびっくりですが、これはどうやっていただくんでしょうか・・・がく〜(落胆した顔)

こちらの交通にはロバが活躍しているんですね。単車も走っているんですね。単車はどちらのメーカーなんでしょうかね。SUZUKIとかHONDAとかなんでしょうか。

こちらのドアノブ、すごくオシャレですね!このドアノブはMIYU&NICOママ様のおうちにも似合いそうですね!ハートたち(複数ハート)
Posted by さるんばママ at 2008年07月17日 20:53
中国は広いですね。
知識として知っていても、このように具体的な写真を
見る事があまりないので、あらためて感じます。
MIYU&NICOママさんの補足情報がなかったら、
誰もが中東のどこかの国だと思うでしょう。
これだけ、人種も文化も宗教も違えば、
ひとつにまとめる事など不可能ですよね。

ナンとか、衛生的にはちょっとと思いますが、
美味しそうですよね。
いろんな食材があるということが、とても勉強に
なります。
Posted by シュウ at 2008年07月18日 10:38
さるんばママ様

ウイグル文字もアラビア文字にそっくりなのですよ〜ウイグルの方はウイグル語に中国語にそしてイスラム教ではアラビア語も…勉強が大変そうです。

額に入ったアラビア習字の飾りには、気がつきませんでした。わたしが見落としたからか、それとも政府から制限されてるのかな?
ウイグルと中国の微妙な関係があるようなので。
カシュガルはほとんどがウイグル人なので、ウイグルの人に元気がありましたよ。

野菜は日本の夏野菜と同じです。みんな露地物なので、美味しいです。

ハリネズミはやはり、粉末にして飲むのでしょうね〜そこのところを聞き忘れてしまいました。残念。

単車のメーカーはわからないのですが、環境を考えて電動だということです。日本人は何してるの!ですよ。トラックはSUZUKIが多かった気がします。



Posted by MIYU&NICOママ at 2008年07月18日 16:39
シュウ様

新疆ウイグル自治区、特にカシュガルは完全に中国とはかけ離れています。

以前はウイグル語の看板の下に中国語だったのが、今はその反対になり、子供達は幼稚園から中国語を習い、あと20年もしたら、この異国情緒は味わえないかもしれません。
経済的に豊かになってもウイグルはウイグルらしくあってほしいと切に思うわたしです。


Posted by MIYU&NICOママ at 2008年07月18日 20:59
シルクロード!! わぁ〜すごいなぁ〜
歴史の本でしか知らない場所なのに、た〜くさんの写真を見ていると、自分もその場所に行っているような感じになってきましたよ〜!!  久保田早紀の「異邦人」の曲が頭の中で聞こえたのは「アタシだけぇ〜?」

MIYU & NICOチャン達も2週間もお留守番してて「エライ!!」 今はパパ、ママにベッタリかな?

ワンコと暮らすようになってからは、海外旅行に行ってません。行きたいなぁ〜
でも留守番なんて、我が家のワンコにはとても無理な事だなぁ〜

あっ!!がく〜(落胆した顔) ワンコより旦那がもっと「犬離れ」できないですよ!! ダメダコリャ〜顔(え〜ん)

Posted by パスタ家ママ at 2008年07月20日 14:11
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1438113

この記事へのトラックバック