2008年06月25日

シルクロード 天山南路の旅 ウルムチ編

現地ガイドさんはいましたが、夫と二人の2週間のシルクロードの旅。
頼れるのはお互いのみ。
私たちの夫婦力を問われる旅立ちでもありました。

シルクロードの玄関、ウルムチに行くには北京で飛行機を
乗り換えなくてはいけません。
せっかく北京に寄ったので、北京観光もしました。

オリンピックメイン会場、鳥の巣。

08.6.25pekin.jpg

輪タクで胡同巡り。
胡同(こどう、ピンイン:hú tòng / フートン)は
主に北京市の旧城内を中心に点在する細い路地の事。

08.6.25pekin3.jpg
胡同は、古くからの北京の街並みを留めているため、
今は観光の名所となっています。
風を切って走る自転車タクシー(輪タク)での胡同めぐりは、
とても気持ちが良い。

08.6.25pekin4.jpg

この小さなドアの向こうには家がコの字型に建っており、
08.6.25pekin5.jpg
可愛い中庭があります。
そこに住む気さくな老婦人が家の中を案内してくれました。

08.6.25pekin6.jpg

いよいよウルムチです。
辺境の地、ウルムチ??
なんと高層ビルが乱立しておりました。笑。
ここ20〜30年でガラッと変わったとか…

08.6.25urumuti.jpg

ウルムチの市街は、涼しげな楡の木の並木が
続いています。

08.6.25urumuti5.jpg

ウルムチのショッピングモールみたいなところ。
ウイグル族の人はイスラム教のため、イスラム教の
影響を受けた建物になっています。

08.6.25urumuti2.jpg

やはり中国です。漢方のお店がいっぱいあります。
08.6.25urumuti3.jpg

ウイグル族の女の子。
ウイグル族の女の子はとっても可愛い!!

08.6.25urumuti4.jpg

新疆ウイグル自治区の名産品と言えば、
シルクの絨毯です。
ラベンダー、ローズ、紅花、雪蓮花、お茶の葉などを
利用した草木染のため、とても優しい色になっています。

08.6.25urumuti6.jpg
30センチ四方を織るのに、40日はかかるそうです。
08.6.25urumuti7.jpg

ウルムチは天山北路(遊牧民の緑のコース)と
天山南路(乾燥した歴史の砂漠地帯コース)の交差する場所です。
チョッと山に行けば、遊牧民の回族、カザフ族の村があります。

そう、新疆ウイグル自治区は少数民族のるつぼでもあります。


08.6.25nanzan.jpg
のどかな田園風景です。
08.6.25nanzan3.jpg

白く点在するのは、回族のパオです。
08.6.25nanzan4.jpg

アハハ!これ私です。
白馬のルンバ♪(古過ぎてわからない?)

08.6.25nanzan2.jpg

次回は灼熱のトルファン…


ニックネーム MIYU&NICOママ at 23:56| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2週間の長旅、お疲れ様でした☆
胡同にも行かれたんですね!
中国の映画でみて、独特の雰囲気に魅かれたものです。日本にも古い街並みは残ってますけど、それとはまた違った雰囲気でいいですよね。
写真で見ただけでも、ウルムチは北京とガラッと様子が違いますね。
直に感じる空気もやはりどこか違ったのでしょうか。。。
次回も楽しみにしております♪
Posted by マイ at 2008年06月26日 00:38
マイ様

胡同は中国の映画によく出てきますね。わたしも映画の中にスリップしたような気持ちになりましたよ。&#63893

ウルムチ、アラビア文字っぽいウィグル語の看板もあり、街を歩くウィグル族の女性はイスラム教のためスカーフを被っております。ここは中国?みたいに感じます。異国情緒たっぷりです。
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年06月26日 11:03
おかえりなさい〜顔(笑)exclamation
タ、タクラマカン?!と、正直びっくりしました。
今中国は地震だ、オリンピックだ、チベット問題だ、でなにかと大変ですが、なにか影響はありましたか?
続編楽しみにしてます〜exclamation×2
白馬とママさん、そして草原と山と青空、素晴らしいですClap
Posted by esasaki at 2008年06月27日 22:31
おかえりなさい、首を長くしてお待ちしていました。
ダブルデブショウの私は訪れる事がないでしょう。だから、お写真は大変楽しいです。
「ルンバ」解りますよ。妖精のような少女にmiyu&nikoママが見えます。犬(笑)
Posted by ベス at 2008年06月28日 10:02
esasaki 様

今中国に行くことに関して、一抹の不安はありましたが、新疆ウィグル自治区ではほとんど影響はありませんでした。空港でのチェックが厳しいかったくらいです。金属探知機で全身チェックでした。ブラジャーの金具が反応したら、ブラウスをめくられちゃいました。笑。

大自然を満喫してきましたよ〜
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年06月29日 20:33
ベス様

ありがとうございます!!まわりの皆様に心配をかけた旅になってしまいましたが、当の本人はのん気に旅をしておりました。

「ルンバ」がおわかりになるのですね!ウフフ…同世代ということですね。
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年06月29日 20:36
お帰りなさい揺れるハート 2週間とは長旅でしたね。
海外旅行好きの私ですが、こちらの旅先は全然縁がなく、たいへん興味津津で 食い入るように拝見いたしました。

絹玉は、まるで31アイスのよう。 とても優しい色合いですね。
ママさんは乗馬の経験がおありなんですか?
私も昔経験がありますが、慣れていないとお尻が痛くなるんですよね。 白馬を颯爽と乗りこなしていらっしゃる雰囲気、『リボンの騎士』のようですGood
続きも 楽しみにしていますexclamation×2
Posted by みみ at 2008年06月29日 22:29
みみ様

みみさんは海外によく行かれているのですね。いいですね〜わたしは新婚旅行以来の海外です。

シルクロードは若い頃からの夢で嫌がる夫を無理矢理引っ張って行きました。笑。

シルクの絨毯、草木染めですので本当にやさしい色でした。でも、お値段が高くて買えませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

乗馬の経験なんてないのですが、ぶっつけ本番、女は度胸なんて…実は回族のお兄さんがそばにいてくれたのですよ。
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年06月30日 00:14
おかえりなさーい☆
不思議な世界という印象で、とても興味深
く拝見しています。
中国のウルムチにはヴィグル族やカザフ族
などの少数民族の村があるのですね。
イスラム教徒と中国って、全然結びつかないですが、世界って、本当に不思議。
中国は仏教オンリーのイメージでしたが
イスラム教の力ってすごいなって今さら
いえ、今初めて、そう思いました。

絨毯のための草木染めの毛玉色。なんて
深い味わいなのでしょう。MIYU&NICOママ
さんが日頃研究されておられるハーブ関連
などが、こういった場面でもアンテナがピピピと反応するのでしょうネ〜どこかに旅行
するって、のんびり〜もいいけど、こんな
風に、好奇心をバンバン刺激してくれる
時間は、旅行ではなくて「旅」ですよねッ
素晴らしい 旅だったと思います。
白馬に乗ったMIYU&NICOママさん。
可愛い〜黒ハート
Posted by キララまま at 2008年06月30日 20:52
キララまま様

新疆ウィグル自治区に住む少数民族は、イスラム教が多いのです。西に行けば行くほど、ウィグル人の占める割合が増え、西の果て、カシュガルは中国といえども完全にイスラム教徒の都市です。

今回の旅は、本当に好奇心丸出しの旅で、アレは何?これは何?の質問の連続で現地ガイドさん、さぞ疲れたことと思います。笑。
わたしにとってこんなに楽しい旅はありませんでした。
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年06月30日 22:38
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1421607

この記事へのトラックバック

レベ
Excerpt: 騙されちゃった
Weblog: 玉手箱
Tracked: 2008-06-27 00:14