2008年05月06日

ぶらりお散歩♪

18日の試験に向けて、只今勉強中!の看板を
ぶら下げているわたしですが、ずっと家にいることも
出来ず、お墓参りがてら、お散歩に。

どこか田舎に?
いえいえ、池袋なんですよ〜
都電荒川線の雑司が谷駅です。

08.5.5.jpg

このそばにわたしの実家のお墓があって、お墓参りに
行ってきました。
試験、頑張るから、応援してね!とちゃっかりお願いも
してきました。笑。

08.5.5-8.jpg
うっそうとした森の中でのお墓参り…
フィトンチッドをしっかり浴びてパワーが漲る思いです。

古い建物好きのわたしは、前から気になっていた
「雑司が谷旧宣教師館」を見学に。

08.5.5-2.jpg
明治40年にアメリカ人宣教師が自ら居宅として
建てたもの。
質素な作りですが、何かとても心引かれるものが
あります。

08.5.5-3.jpg
特にこの窓が好き!!
木製建具の窓って、どうしてこんなに素敵なのでしょう〜

08.5.5-4.jpg

それからちょっと足を延ばして、鬼子母神に…
08.5.5-6.jpg
鬼子母神は、500人(一説には千人または1万人)の子の母で
この愛する子供たちを育てるため人間の子供をさらってなんと
これを食べていたのです。
そのため、釈迦は彼女が最も愛していた末子・愛好を隠して子
を失う母親の苦しみを悟らせ、仏教に帰依させ、以後、仏法の
護法善神となり、子供と安産の守り神となったという伝説が
あります。

08.5.5-7.jpg
ここでもしっかりフィトンチッドを浴びて、
パワーアップしたわたし。パンチ
ここの「おせんだんご」がすごーく美味しかった!!



MIYU&NICOは…

NICOは相変わらずのベランダ暮らし。

08.5.5nico.jpg

ロングリードで遊ぶことにも慣れてきました。
08.5.5M&N2.jpg

MIYUは、これまた大好きなビーズクッションの
上でくつろぐ毎日。
真っ赤なビーズクッション、インテリアのお店の
バーゲンでやっと見つけました。
昔流行っていましたが、これって、今売ってませんよね〜

08.5.5miyu.jpg

そうそう、MIYUで意外なことがありました。
植木屋さんに植木を見に行こうと夫と出かけようと
した時、MIYUも一緒に行きたがったので
たまには一人っ子もいいかなとMIYUだけ連れて
行ったところ…
(NICOはお兄ちゃんの部屋にいました。)

なんと、MIYUは「NICOがいない」と車の中で
大慌てしたのです。いつもはジッとしてるのに
まったく落ち着かない様子で車の中をウロウロ、ウロウロ。
せっかくの一人っ子も全く楽しくない様子。
MIYUの心の中ではハートたち(複数ハート)NICOの存在がこんなにも
大きくなっていたことを知りました。
わたしとしてはもうもうやだ〜(悲しい顔)する思い…

08.5.5M&N.jpg
でも、ひょっとしたらNICOクッションが必要なだけのか…







ニックネーム MIYU&NICOママ at 01:57| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカン・ハウス家って、私の憧れなんです!
母も好きなので、20年程前に実家を「なんちゃってアメリカン」で建てたのですが、手入れをしていないせいか 現況は「呪われた館」のようになっていますがく〜(落胆した顔)
この宣教師館はしっかり手入れされていることが分かります! 
大変美しい建物ですね顔(メロメロ) こういう家に住みたいです。

「花より団子」の私としては、「おせんだんご」が気になります。
鬼子母神の名物とのこと、苦いお茶と一緒に食べてみたいわ!
「行ってみたい所」リストに載せておこうっとるんるん

MIYUちゃん、すっかりNICOちゃんと一緒にいることが当たり前になっているのですね。 分かります、感動するお話です顔(泣)
NICOクッションなんて、そんな失礼なこと思うわけ・・・少しはある顔(ペロッ)のかな?!

Posted by みみ at 2008年05月07日 00:18
「雑司ヶ谷宣教師館」って素晴らしい建物ですね。
私は建築物好きですで、「渡辺篤史の建物探訪」を
毎週欠かさず見ています。でも最近のデザイン建築は
奇抜すぎて、見るに耐えない物が多くて
専門家や好きな人にはいいんでしょうが、
私の好みではありません。
こちらの洋館は、まさに私好みです。
住んでみたいですね!(ケアが大変そうですが笑)

「鬼子母神」は芝居を見に行った事があります。
唐十郎さんの「状況劇場」の公演でした。(夜)
風情がある空間ですが、夜はちょっと怖かったです。

Posted by at 2008年05月07日 11:05
みみ様

ご実家はアメリカンハウスなのですか!!
おしゃれでいいですね〜
ペンキ塗りが大変でしょう?でも、ペンキがはがれて古色蒼然としているところもまたアンティークな雰囲気をかもしだしていて素敵だと思います。宣教師館はしっかりとペンキを塗りすぎている感じがありました。保存建築なので仕方ないのでしょうが…

おせんだんご、ほんと美味しかったです。でも平日にはお店が出ていないようですよ。

NICOに冷たくすることもあるのし、NICOに揺れるハートだったとは…MIYUの心はわからない。笑。

Posted by MIYU&NICOママ at 2008年05月07日 15:20
シュウ様

日本の昔の家も、昔の洋館も風情がありますよね〜室内環境は今風でも外観はこんな家にわたしも住みたいです。でも、ペンキ塗りが大変そう〜
わたしは最近のハウスメーカーの家が好きではありません。どれも同じで個性がなくて。個人の大工さんが作っていたころの方が、何か家にそれぞれの大工さんの工夫があって、いい感じでしたよね。

「鬼子母神」のお芝居、想像しただけでこわそうですよ〜

Posted by MIYU&NICOママ at 2008年05月07日 15:28
フィトンチッド。不思議な森林の香りなん
ですねッ MIYU&NICOママさん。試験は
18日の何時からでしょうか。パワーを交信
しますからねッ(笑)
お墓参りでの「お願い」は、きっと、叶う
に違いありません。

MIYU&NICOママさんは、スペイン系カソリックの学校、ご出身でしたね。私はプロテ
スタントでしたが、実家は仏教です。
宗教は違っても、祈ることや、教え、は
共通しているところが多いのですが、不思議と、学生の頃学んだ聖書の言葉が、残っていることが多いって事、ありませんか。

ウフかわいいMIYUちゃんも、やっぱり
一人っ子だと落ち着かないのね〜
クールなMIYUちゃんの一面ですネ
ウチも、いつも「一人っ子望み」のキララ
が、ふと、サスケを気にしてる事があるん
ですよ。
Posted by キララまま at 2008年05月07日 21:07
キララまま様

昔から森や山には精霊がいると言われていますが、フィトンチッドの力かもしれません。植物の力は野菜をはじめすごいものがあります。天の恵に感謝!

学生時代の聖書の言葉は、残念ながらすっかり忘れているわたしです。
でも、聖歌(プロテスタントでいうところの賛美歌)はしっかり覚えています。
♪幸いなるかな 心の貧しき人 天国はかれらのものである、幸いなるかな 柔和な人 かれらは地を嗣ぐであろう…♪
意味もなく口ずさんでいることがあります。

今度のことで、MIYUとNICOがお互い依存し合っていることに気がつきました。たまには、一人っ子しないといけませんね。この先一人になった時、 すぐ後を追っていかないように。顔(泣) 

キララちゃんもサスケ君が大切な相棒になってきているのですね!

試験は18日の午前中(10時から12時まで)です。パワーをお願いしまーす!!
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年05月08日 15:30
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1372178

この記事へのトラックバック

雑司が谷駅
Excerpt: 雑司が谷駅副都心線開業に合わせ改称した都電雑司が谷駅雑司が谷駅の地上に出てみると、駅の周辺では開業イベントが行われていました。好天に恵まれた最中、イベントには絶好の天候でしたが、時刻はちょうどお昼過ぎ..
Weblog: ニュースでトラックバック
Tracked: 2008-06-18 23:19