2007年12月02日

紅葉三昧〜♪

ちょっと、無沙汰でした〜

夫に「腰痛でコルセットしている身で、
そんな生活していたら病気になるよ!」と
忠告は受けていたのですが、思いたったら吉日で
あっちゃこっちゃ動きまわっていたら、とうとう
過労と風邪で数日寝込むことになってしまいました。
やっぱり若い時のようには行きません。顔(え〜ん)

火曜のハーバルプラクティショナーの授業は絶対休めない
…だって休んだらわからなくなるのは確実…
思いっきり、ゆっくり休んでしまいました。

夫に洗濯を、息子には買い物、食事は出前か外食で。
(我が家の男性人は料理をしないのです。)
だけどMIYU&NICOの散歩には留守番していたく
なくてくっ付いて行きました。笑。

よく行く大きな公園の紅葉が見事でした!!

07.12.2kouen2.jpg
灯台下暗しとはこういうことでしょうか…
07.12.3kouenNICO2.jpg
こんな紅葉を見られるのも、MIYU&NICOの
お散歩のお陰です。

07.12.3kouenNICO.jpg
亡霊の様な物体は全速力で走っているNICOです。
先日、術後の検診に行ったら、先生に
「手術したNICOの左足は見事に筋肉がついてプリプリです。」
と言われました。Good
ですが、手術していない温存状態の右足が左足に頼っているので
筋肉が落ちているとのこと。顔(泣)
いずれ、手術する日が来るかも…
まあ、その時はその時ですね!


紅葉  紅葉  紅葉  紅葉  紅葉  紅葉  紅葉  紅葉  紅葉  紅葉

1週間前、久々大好きな鎌倉に行って来ました。
うら若き乙女の頃、心に迷いが生じると
鎌倉のお寺通いをしていたわたし。
でも、最近の鎌倉は観光地化し過ぎていて、
ウーン、心に迷いが生じても効果がないかも。

07.12.3kamakura3.jpg
やはり紅葉が見事でした!
07.12.3kamakura4.jpg

円覚寺、建長寺、鶴丘八幡宮と巡りました。

円覚寺でお茶を一服!

07.12.3kamakura2.jpg

鶴丘八幡宮でペットのお守りを買いました。
07.12.3omamori.jpg
MIYU&NICOを守ってください。

ニックネーム MIYU&NICOママ at 21:24| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風邪の具合は、もう大丈夫ですか?
私も微熱が続いて、大した症状が出ないわりにはダルイ日々が長々と続き 参ってしまいました顔(え〜ん)

見事な紅葉ですね紅葉
私も身近な自然の小さい変化を、散歩の時に発見しています。
犬がいなかったら見過ごしていたかも・・・と思うと、
ファーファに感謝exclamation

NICOちゃんの右足、心配ですね顔(汗)
でも、左足にしっかりプリプリお肉が付いたとのことですから、
右足に何かあっても きっとまた克服してくれるでしょう
(と、信じましょう!)
写真がモバQのようになってしまうほど元気に走れるようになったことを、まずは喜びたいでするんるん

Posted by みみ at 2007年12月02日 21:36
腰痛でコルセットをされているんですね。大丈夫ですか?無理をせずに勉強頑張ってくださいネ。

紅葉、見事ですね!NICOちゃんも広い場所で走ってとっても楽しそうです!「亡霊の様な物体」というのに笑ってしまいました。ホント、カメラでとらえられないくらい走れるまで回復したということですね。

私は鎌倉には一度も行ったことがないのですが、素敵な場所ですね。鶴丘八幡宮にペットのお守りがあるんですか!!それはびっくりです。

お守りといえば、今年さるんばの七五三に行こうと思っていたのに、いろいろあって行くことができませんでした。なんだかがっかりしてしまいました。NICOちゃんはお参り、されましたか?

でも神社でお参りできなくても、心は毎日七五三です!ハートたち(複数ハート) 「3歳」にこだわらなければ来年行ってもいいですかね?それにしても私もお守り欲しいな〜顔(ペロッ) 鎌倉はそう遠くないので、チャンスを作って行ってみます!いつでも売っているのでしょうか。

Posted by さるんばママ at 2007年12月02日 21:54
ママさん、風邪の方は大丈夫ですかぁ?
季節の変わり目は、気を付けて下さいね
家族の皆様の愛が伝わってきました揺れるハート
すっごく綺麗な紅葉ですネっ紅葉
NICOちゃんの走る姿、すっごく嬉しそうです。
手術なんて…。手術にならない様に祈ってます<(_ _)>
わぁ〜お茶すっごく美味しいですよね
綺麗な景色を見ながら、お茶なんて、最高ですね
ママさん、体調に気をつけて勉強頑張って下さいです。
Posted by pinky at 2007年12月02日 23:39
見事な紅葉ですね〜紅葉
ご主人様も、息子様もエライです!!
それぞれ分担して、主婦の仕事を受け持ってくれて、紅葉見物も連れてってくれて。
そんなご家族の暖かな愛情に包まれている
から、ママさんもお勉強頑張れるし、風邪
も、早く治せる環境って、お幸せです☆

『うら若き乙女の頃、心に迷いが生じる
と、鎌倉のお寺通いを。。。』
昔、昔、通った場所。そこに行くと妙に
心が落ち着いて、若き日の自分と出合う
事が出来たりして、元気になりますネ。

NICOちゃん。手術した方の足が良好でよか
ったです。いずれは、もう一方の足も、と
思うと、気が重いけど、その時はその時と
おっしゃるお気持ち、私も同じです。
鶴岡八幡宮のペットのお守りが、きっと
守ってくれますよ〜


Posted by キララまま at 2007年12月03日 11:51
みみ様

風邪のほうは峠を越しました。微熱は辛いですね。体になんか熱がこもっているような感じがして…みみさんももう大丈夫なのですか。
わたしも今回はじめは微熱が続いていたのですが、熱よ〜出ろ!とおまじないをして熱を出したら、スッキリしました。笑。

ほんと、お散歩に毎日出ていると、季節の変化を肌で感じることができますね。

NICOの右足、なるようになるでしょう…とあまり心配せずにいこうと思います。
Posted by MIYU&NICOママ at 2007年12月03日 23:24
この日は写真を撮るつもりもなく公園に行ったのですが、紅葉がきれいで思わず携帯で写真を撮ったのです。NICOの走る姿が亡霊になったのも携帯だったからでしょう〜笑。

横浜に住んでいらして鎌倉に遊びに行かれたことがないなんてもったいないですよ〜
見所満載な町です。美味しいお店もいっぱいあるし。でもお正月には行かないほうが賢明です。
鶴岡八幡宮のペットのお守りはいつでも置いてある感じでしたよ。
わたしは七五三の真似事を7歳になったら行こうと思っています。7歳って、ワンの体調がガラッと変わって病気しやすくなる時期ですから。先代の子も7歳の時、神社にお参りに行きました。親ばかですね〜笑。


Posted by MIYU&NICOママ at 2007年12月03日 23:48
ピンキー様

お陰さまで大丈夫です。
病気になると家族っていいなあ〜と思います。普段は融通のきかない夫も格段とやさしくなりますし。

紅葉狩に行かなくとも、近所の公園が一番綺麗でした〜

NICOの足は、時の流れに身をまかせ〜で行きたいと思います。
Posted by MIYU&NICOママ at 2007年12月03日 23:56
キララまま様

紅葉狩にワザワザ行かなくとも、いつも散歩に行く公園が一番綺麗だったというオチがつきました。笑。

たまに熱を出すのも、家族の愛情を感じるためにいいかもしれませんね。

昔の鎌倉のお寺は入観料とかなかったし、どんな時間に行っても入れたから、わたしは早朝に出かけて行って、ピリピリする空気の中でお寺参りをしました。すると不思議に心が元気になってきて…何回も通ったものです。

NICOの足、人生塞翁が馬ということもあるので、どうころんでもそれが最善の道ということで、お気楽な気持ちで行こうと思います。またまたわたしの人生そのものです。笑。
Posted by MIYU&NICOママ at 2007年12月04日 00:11
人間も含め、動物は歩いたり走ったりする事が
運動の基本だそうなので、NICOちゃんの足も
傷ついた足だけでなく、他の足にも影響が出ている
のですね。でもNICOちゃんは運動もいっぱいしてる
し、徐々に筋力のバランスが良くなっていく
力はあると思います。
簡単にな言葉を軽率に言いたくはありませんが、
きっとNICOちゃんの自らの治癒力を信じても
良いのではないかと思います。

ペットのお守り!!
私も欲しいです。
これを手に入れるためだけに、鎌倉に行きたくなりま
した!!

急激に寒くなって、犬もそうですが人間の身体も
変化する時です。特に関節は寒いと大変だと思います
ので、お体をご自愛ください。

Posted by シュウ at 2007年12月04日 12:19
シュウ様

力強いお言葉ありがとうございます!!
そうですね、ここまでNICOの足が良くなったのですから、時が問題を解決してくれる日がくるかもしれませんね。

ペットのお守り、シュウさんも欲しいのですね!大きな神社だったら鶴岡八幡意外にも売ってそうな気がしますが…どうでしょうか。
Posted by MIYU&NICOママ at 2007年12月07日 21:07
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1220636

この記事へのトラックバック