2007年10月30日

スピリチュアルな世界へ…

最近、NICOのことが心配。
犬や人にワンワン吠えるし、異常に音に敏感で
ちょっとした物音にも怖くて逃げ回るし…
赤ちゃんの時はしかたないと思っていたけれど、
3歳になっても変わらないNICOにどうして
いいものやら。

NICOの心の中を知りたくて
「fairy dogs」
高岡さんのアニマル・コミュ二ケーションを受けてみました。

…fairy dogsで行うアニマルコミュニケーションは、
人間同士の会話と少し違います。
わたし(高岡さん)の問いかけに、犬達は、イメージで答えたり、
同じ感情を感じさせたりする方法で答えてくれます。
それらのイメージや感情を、人間の言葉に置き換え、
飼い主さんにお知らせします…

NICOに3つの質問をしました。
1.どうしてそんなに音を怖がるの?
2.どうして人やワンコに吠えるの?
3.どうしていつもお腹がすいてるの?

07.10.30nico2.jpg
NICOからの返事
1.初めて一人になった時に、地鳴りのような低い音を
  聞き、予想外の音がすると不安になるの。

もう、びっくり!!そうだったのね。
ブリーダーさんから我が家に来る時に乗った飛行機が
原因だったのね。

2.なれなれしくされるのがイヤ。
  NICOは自分の血筋がいいと思っているそうです。
  
ウン、わかったよ。マイペースでいいから。
プリンセスNICOなのね。皆さん、笑わないでね。

3.家の中でウロウロするだけでお腹がすくの。
  山盛りのご飯が食べたいの。

なーるほど、お野菜いっぱいの山盛りご飯にしてあがるね。

07.10.30nico3.jpg
NICOは感受性が高く、飼い主の気持ちや具合の悪い時が
よくわかるとか…
そうそう、そういう時すごく心配してくれるNICOだよね!

高岡さんのお話を伺っていて、思い当たることばかりで
びっくりの連続でした。

亡くなったワン子とのコミュニケーションはなさらないと
言うことだったのですが、先代のチャビィーからのメッセージを
受け取ることが出来たからと、教えて頂きました。

「病気の時も、お母さんがいるから怖くなかったし
安心してた。わたしは体が楽になって嬉しいのに、
今のお母さんと気持ちがあっていないことに困惑している。
わたしはもう大丈夫だと伝えて…」
もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)したわたしです。


こんな大あくびをするNICOですが

07.10.30nico.jpg
プリンセスNICOなのです。わーい(嬉しい顔)
07.7.7-2.jpg

アニマル・コミュ二ケーションを受けて、NICOの問題行動に対して
おおらかな気持ちが持てるようになりました。
受けてよかった!!


ニックネーム MIYU&NICOママ at 21:30| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プリンセスNICOちゃんリボン、ティアラがよくお似合いです♪
そう、世が世なら貴族の愛玩犬だったんですもの。
正真正銘、気位の高いボロニーズですねGood

先代犬とは上手にコミュニケーションが取れなかったので、私も「アニマルコミュニケーション」を知っていたら良かったのに…と、つくづく思いました。

今飼っているファーファとのコミュニケーションは大丈夫! 
今日、台所でお漏らししてあったのも、私がお菓子入りコングを用意しないで外出したからだよね〜〜〜顔(汗)(まったくもう顔(ぷんっ)
Posted by みみ at 2007年10月30日 22:14
みみ様

今回、半信半疑のアニマルコミュ二ケーションでしたが、エッどうしてわかるの?ということばかりですごい体験でした。

ボロちゃんは昔なら貴族犬だけど…NICOは時代を読み間違えているのかな?

まあ、ふぁーふぁ君、抗議のチッチだったのね。
Posted by MIYU&NICOママ at 2007年10月31日 22:05
こんばんわっ〜★

私も、最近ボンの事が心配なんです。
少しの事でワンワン吠えたり、お散歩で全く歩かなくなったり、超ウルトラ甘えん坊ちゃんになってしまたり…。

NICOちゃんは、アニマルコミニュケーションを受けたんですね
アニマルコミニュケーションに興味津々です。

あくびのNICOちゃん、ティアラがとっても似合うプリンセスNICOちゃん、とっても可愛いですよ黒ハート
Posted by ピンキー at 2007年10月31日 23:25
「アニマルコミュニケーション」というのは初めて聞きました。NICOちゃんからの返事、全て的を射ていると思いました。

うちのルンバも音にものすごく反応します。共用廊下を通る人のわずかな音にも反応して困っているのですがNICOちゃんの場合は飛行機に関係があったのですね。うちも同じかもしれません。ちなみに同じように一人で飛行機に乗って羽田までやって来たサルサは全く外の音に反応しません。

思うにサルサは大阪という「都市」の生まれですし、一杯犬がいて周りも結構うるさかったと思うんです。反面るんばは山口の自然の多いところで育ったので、音や喧騒も少なくて飛行機に初めてひとりで乗ったときにそのギャップが激しかったのではないかと思います。

もともとボロニーズは警戒心が強い犬と言われているので、本来の性格もあるんではないでしょうか。

NICOちゃんはプリンセスNICOちゃんなんですね。NICOちゃんはお嬢様ですものね。なれなれしく他の犬にされるのが嫌なんですね。わーい(嬉しい顔)

アニマルコミュニケーションは犬を連れていかなくても写真でコミュニケーション可能なんですか?写真はどんな写真でも良いのでしょうか。最近の写真がいい、とかあるんですか?
Posted by さるんばママ at 2007年11月01日 20:35
ピンキー様

ボンちゃんの気持ちがわかったら、対応の仕方もよくわかりますよね…
ブログには書き切れなかったのですが、本当にびっくりすることばかりのアニマルコミュニケーションでした。

気軽にNICOやんなんて言えなくなりました〜笑。
Posted by MIYU&NICOママ at 2007年11月01日 21:26
さるんばママ様

ブログには書ききれなかったので、書いてないのですが、高岡さんはブリーダーさんのここともぴったり当てていたのですよ。とってもよいブリーダーさんで、NICOは親やきょうだいと伸び伸び育っていましたと言われたのです。
さるんばママさんのおっしゃるとおり、田舎の静かな中で育って、突然飛行機のエンジン音、一人さみしい=大きな音=不安という図式になっているようです。
先代の子は、白い犬が病院で横たわっているのが見えます。そしてみんなに見られていると言っていますと言われ、それは家族全員でチャビィーを看取った日とそっくり同じ状況でした。

NICOの最近の写真を2枚送りました。
わたしは特別対面でしていただいたので(『あなたとペットを幸せにする病気との付き合い方』のセミナーも申し込んでいたので)、いろんなお話が出来てとてもよかったです。
Posted by MIYU&NICOママ at 2007年11月01日 21:45
とっても興味深いです。
「マニマルコミュニケーション」初めて聞きました。
NICOちゃんの問題。2と3は、まさに
サスケと同じです。
どうしてワンコに吠えるの?どうしていつ
もお腹が空いているの???何故?
答えをお聞きして、ビックリです。
納得してしまいます。
私は、キララの事を聞きたいので、少し
時間がかかるかもしれませんが、是非、
こちらにコンタクトをとりたいと思います
特に、飼い主の目覚めるキッカケになれば
と思っています。一緒に暮らしていても
いつも身近にいるから、余計に気づかない
ことって、ありますよね。。。。
NICOちゃん揺れるハートのお誕生日の姿を
あらためて拝見して、NICOちゃんは
おおらかで、オットリしている反面、繊細
で、感受性の豊かなワンちゃん。なぜなら
先住のMIYUちゃんと上手くやってくれ
る、細やかな心づかいが出来るんですもの
Posted by キララまま at 2007年11月01日 23:09
ご無沙汰してます♪
アニマル・コミュ二ケーションがこんな身近にあったなんて、、
お写真でも大丈夫なのですね〜ひらめき
そういえば、以前小太郎との相性を占ってもらったときも
写真で見てもらってたこと、今思い出しました!!!(>▽<)b
2、3は小太郎にも当てはまりそうデス(笑)
幸せな兄弟犬の中に、小太郎も含まれているのかも、、
と思うとうれしくなります♪
ただ、プリンセスNICOちゃんは納得できるのですが
小太郎は、、きっと貴族のワガママダメ息子ではないかと(笑)

先代さんからのメッセージはきっと、今
NICOちゃんのあんよやMIYUちゃんを心配してる
MIYU&NICOママさんの負担を少しでも軽くしてあげたいって
MIYU&NICOママ家に迎えられた子はみんな
ちゃんと幸せだよって伝えてくれているのですね(´▽`*)
Posted by まう at 2007年11月02日 12:01
キララまま様

2と3はNICOと同じですか…と言うことは音には平気なのですね。それだけでもよかったですね。

ブログには書き入れなかったのですが、本当にびっくりすることばかりでした。
あれからNICOがワンワン吠えても、うーん、もううるさいよ!ではなくプリンセスNICOちゃん、いい子でね!プリンセスでしょ…(笑わないでください。笑。)と優しく言えるようになったし、物音でびくっとした時も大丈夫、大丈夫と励ますようにしています。心なしか、NICOが明るくなったような…

キララままさんのおっしゃるように飼い主の目覚めるきっかけとなりました。わたしの対応のまずさが問題を大きくしていたようです。NICOからのメッセージを書き忘れましたが、「わたしを良く見て、いいところがいっぱいあるから…」でした。お利口なMIYUといつも比べていた自分を反省しました。



Posted by MIYU&NICOママ at 2007年11月02日 23:53
まう様

わたしには全く未知の世界でしたが、アニマルコミュニケーションって、今あちこちでやられているようですね。

小太郎くんをはじめ、みんなと集団でワイワイ楽しく暮らしていたことはブリーダーさんからいただいた写真でよくわかっていたので、高岡さんのお話に思わず大きくうなずいてしまいました。
ボロちゃんはみな、きっと自分たちは高貴な生まれだと思っているでしょうね。でも普段のNICOを見ているととてもそうは思えませんが…笑。
小太郎君はとっても素敵な王子様ですよ!!
Posted by MIYU&NICOママ at 2007年11月03日 00:14
「お母さんに今はもう大丈夫と伝えて」なんて言われたら、まさしくチャビーちゃんが言っている言葉だって納得できますよね。
私もまろんが寝たきりになったときに、「今までと同じご飯が食べたいって言ってます。」と高岡さんに言われて、即!手作りご飯を食べさせましたが、本当に3週間たくさん食べましたよ。
まるでこの先悔いが残らないようにと言わんばかりにね。
あの時、色々伝えてもらっていたおかげで今はとっても穏やかな気持ちで毎日過ごしています。
たくさんの飼い主さんに知って欲しい存在でしよね。
ところで、腰の調子はいかがですか?
Posted by くりこまま at 2007年11月03日 19:38
くりこまま様

悲惨な闘病生活だったので、かわいそうなことをした…という思いでずっとずっとチャビィーの事が頭から離れないわたしでした。
高岡さんからチャビィの言葉を聞いて本当に安心しました。
くりこままさんもまろんちゃんのことは大変だったけれど、わたしのように悔いをずっと引きずらずにすんでよかったですね。

お陰さまで腰の方、スカーレットオハラ風コルセットで落ち着いてきました。笑。
Posted by MIYU&NICOママ at 2007年11月05日 11:19
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1184496

この記事へのトラックバック