2008年06月25日

シルクロード 天山南路の旅 ウルムチ編

現地ガイドさんはいましたが、夫と二人の2週間のシルクロードの旅。
頼れるのはお互いのみ。
私たちの夫婦力を問われる旅立ちでもありました。

シルクロードの玄関、ウルムチに行くには北京で飛行機を
乗り換えなくてはいけません。
せっかく北京に寄ったので、北京観光もしました。

オリンピックメイン会場、鳥の巣。

08.6.25pekin.jpg

輪タクで胡同巡り。
胡同(こどう、ピンイン:hú tòng / フートン)は
主に北京市の旧城内を中心に点在する細い路地の事。

08.6.25pekin3.jpg
胡同は、古くからの北京の街並みを留めているため、
今は観光の名所となっています。
風を切って走る自転車タクシー(輪タク)での胡同めぐりは、
とても気持ちが良い。

08.6.25pekin4.jpg

この小さなドアの向こうには家がコの字型に建っており、
08.6.25pekin5.jpg
可愛い中庭があります。
そこに住む気さくな老婦人が家の中を案内してくれました。

08.6.25pekin6.jpg

いよいよウルムチです。
辺境の地、ウルムチ??
なんと高層ビルが乱立しておりました。笑。
ここ20〜30年でガラッと変わったとか…

08.6.25urumuti.jpg

ウルムチの市街は、涼しげな楡の木の並木が
続いています。

08.6.25urumuti5.jpg

ウルムチのショッピングモールみたいなところ。
ウイグル族の人はイスラム教のため、イスラム教の
影響を受けた建物になっています。

08.6.25urumuti2.jpg

やはり中国です。漢方のお店がいっぱいあります。
08.6.25urumuti3.jpg

ウイグル族の女の子。
ウイグル族の女の子はとっても可愛い!!

08.6.25urumuti4.jpg

新疆ウイグル自治区の名産品と言えば、
シルクの絨毯です。
ラベンダー、ローズ、紅花、雪蓮花、お茶の葉などを
利用した草木染のため、とても優しい色になっています。

08.6.25urumuti6.jpg
30センチ四方を織るのに、40日はかかるそうです。
08.6.25urumuti7.jpg

ウルムチは天山北路(遊牧民の緑のコース)と
天山南路(乾燥した歴史の砂漠地帯コース)の交差する場所です。
チョッと山に行けば、遊牧民の回族、カザフ族の村があります。

そう、新疆ウイグル自治区は少数民族のるつぼでもあります。


08.6.25nanzan.jpg
のどかな田園風景です。
08.6.25nanzan3.jpg

白く点在するのは、回族のパオです。
08.6.25nanzan4.jpg

アハハ!これ私です。
白馬のルンバ♪(古過ぎてわからない?)

08.6.25nanzan2.jpg

次回は灼熱のトルファン…


ニックネーム MIYU&NICOママ at 23:56| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする