2008年06月29日

シルクロード 天山南路の旅 トルファン

トルファンはウルムチから西へ180`、天山山脈の麓
トルファン盆地のオアシスで、海抜ゼロメートル。
年間降雨量16mm以下。火州と言われるほど、夏は暑く、
40℃以上の日が続きます。

オアシスの周囲には古代の遺跡が数多くあり、シルクロードで
最も人気のある街です。



トルファンの昔ながらの並木道。
日干し煉瓦で作った家々があります。

08.6.26ienami.jpg

トルファンと言えば「葡萄」。
08.6.26budou.jpg

干し葡萄を作る葡萄棚。
湿気が全くないのでミイラも干し葡萄も
上手く作れます。笑。

08.6.26budoutana.jpg

この雨の降らないところで、どうして農業が出来るのか?
それは天山山脈の雪解け水の地下水道カレーズがあるから。
1000年も昔の人々の知恵を今日もなお利用しています。

08.6.26kare-zu.jpg

イスラム教のモスク。
ウイグル族の女性は入れませんが、観光客の女性は
入れます。

08.6.27mosuku.jpg

モスクの塔からみたトルファン。
葡萄畑と干し葡萄を作る葡萄棚が見えます。

08.6.29mosuku2.jpg

イスラムの模様はついカメラを向けたくなります。
08.6.26moyou2.jpg
心、惹かれるものがあります。
08.6.26moyou.jpg
ホテルの天井下
08.6.26moyou3.jpg



美味しい干し葡萄をお土産に買いたいと
現地ガイドさんに言ったら、ウイグル族農家に
案内されました。
こちらの干し葡萄は緑色の干し葡萄です。

ウィリーさん宅。

08.6.29houmon.jpg

ウィリーさんのご両親とお嬢ちゃんと記念写真。
08.6.29houmon2.jpg
外は40℃近いのに、中は涼しくてびっくり。
夏は外の大きな縁台(写真右側)みたいなところで寝るそうです。

08.6.29houmon3.jpg

ナンとサンズ(ロープのような揚げパン)と
ドライフルーツをご馳走になりました。

08.6.29houmon4.jpg

家の端っこにヤギさんがいました。
08.6.29houmon5.jpg

家の中。壁にも絨毯が。
08.6.29houmon6.jpg

ナンを作るかまど。
08.6.29nankamado.jpg



炎天下での遺跡めぐり。
噴出すように汗が出ました。

《高昌故城》
ロバ車に乗って遺跡に向かいます。
ロバ車はこちらでは現役の乗り物です。

08.6.26robasya.jpg
唐の時代、玄奘三蔵がインドに向かう途中訪れたところ。
08.6.26kousyou kojyou2.jpg
かつては漢族と遊牧民族の攻防の地として重要な位置を
占めていましたが、今は廃墟となりわずかに城壁、城門、
住居跡が残っています。

08.6.26kousyoukojyou.jpg


《アスターナ古墳群》
高昌国の貴族の墓で、アスターナはウイグル語で「休息の場所」。
唐時代の貴重な文物が発掘されています。墓室の壁画には
往時の人々の暮らしぶりが偲ばれます。

08.6.29kohun.jpg
ウルムチの博物館でも沢山のミイラをみたのですが、かの有名な楼蘭美女も、
ここでもミイラを見ました。
天山南路の砂漠地帯は、ミイラを作ろうと思って作っているわけ
ではなく、自然に出来てしまうのだそうです。
トルファンにいた2日間で私の顔は乾燥で一気に
シワシワになりました。驚愕!!


《ベゼクリク千仏洞》
6世紀から14世紀まで開かれていた石窟寺院。
壁画は風化やイスラム教徒による破壊、今世紀初めにの
探検家による持ち出しなどの受難に遭い、あまり見ることが
できませんでした。

08.6.27kaennzan.jpg
ここでわたしは、念願のラクダに乗りました。Good

《交河故城》
二つの川が交わる断崖に囲まれた天然の要塞跡。
高昌故城より古い遺跡。

08.6.29kougakojyou.jpg
寺院遺跡、仏塔、井戸、住居跡、城門などが残っています。
ここにも玄奘三蔵は訪れています。

08.6.29kougakojyou2.jpg

《火焔山》
一木一草もなく、強烈な日差しに山全体が燃え上がり、焔のように
見えることから、火焔山と言われています。
「西遊記」で孫悟空が牛魔王と戦ったところ。

08.6.27kaennzan.jpg

ウィグル族の踊り。
08.6.29odori.jpg
ウイグル族の若い女性はお下げ髪をいっぱい編んでいます。
今は朝から忙しくてお下げ髪を何本も下げている子は
少なくなったとか。

08.6.29odori2.jpg
旅の恥じはかきすてということで、最後に一緒に踊りました〜








ニックネーム MIYU&NICOママ at 23:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

シルクロード 天山南路の旅 ウルムチ編

現地ガイドさんはいましたが、夫と二人の2週間のシルクロードの旅。
頼れるのはお互いのみ。
私たちの夫婦力を問われる旅立ちでもありました。

シルクロードの玄関、ウルムチに行くには北京で飛行機を
乗り換えなくてはいけません。
せっかく北京に寄ったので、北京観光もしました。

オリンピックメイン会場、鳥の巣。

08.6.25pekin.jpg

輪タクで胡同巡り。
胡同(こどう、ピンイン:hú tòng / フートン)は
主に北京市の旧城内を中心に点在する細い路地の事。

08.6.25pekin3.jpg
胡同は、古くからの北京の街並みを留めているため、
今は観光の名所となっています。
風を切って走る自転車タクシー(輪タク)での胡同めぐりは、
とても気持ちが良い。

08.6.25pekin4.jpg

この小さなドアの向こうには家がコの字型に建っており、
08.6.25pekin5.jpg
可愛い中庭があります。
そこに住む気さくな老婦人が家の中を案内してくれました。

08.6.25pekin6.jpg

いよいよウルムチです。
辺境の地、ウルムチ??
なんと高層ビルが乱立しておりました。笑。
ここ20〜30年でガラッと変わったとか…

08.6.25urumuti.jpg

ウルムチの市街は、涼しげな楡の木の並木が
続いています。

08.6.25urumuti5.jpg

ウルムチのショッピングモールみたいなところ。
ウイグル族の人はイスラム教のため、イスラム教の
影響を受けた建物になっています。

08.6.25urumuti2.jpg

やはり中国です。漢方のお店がいっぱいあります。
08.6.25urumuti3.jpg

ウイグル族の女の子。
ウイグル族の女の子はとっても可愛い!!

08.6.25urumuti4.jpg

新疆ウイグル自治区の名産品と言えば、
シルクの絨毯です。
ラベンダー、ローズ、紅花、雪蓮花、お茶の葉などを
利用した草木染のため、とても優しい色になっています。

08.6.25urumuti6.jpg
30センチ四方を織るのに、40日はかかるそうです。
08.6.25urumuti7.jpg

ウルムチは天山北路(遊牧民の緑のコース)と
天山南路(乾燥した歴史の砂漠地帯コース)の交差する場所です。
チョッと山に行けば、遊牧民の回族、カザフ族の村があります。

そう、新疆ウイグル自治区は少数民族のるつぼでもあります。


08.6.25nanzan.jpg
のどかな田園風景です。
08.6.25nanzan3.jpg

白く点在するのは、回族のパオです。
08.6.25nanzan4.jpg

アハハ!これ私です。
白馬のルンバ♪(古過ぎてわからない?)

08.6.25nanzan2.jpg

次回は灼熱のトルファン…


ニックネーム MIYU&NICOママ at 23:56| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

タクラマカン砂漠へ…

最近、ブログの更新、休み休みなのですが、またまた、
しばらくお休みさせていただきます。

若い頃からずっとずっと夢だった「タクラマカン砂漠」へ
行ってきまーす!!

ひょんなことから、天山南路、タクラマカン砂漠で映像の
お仕事をしたことがある方と知り合いになり、その方に
旅をアレンジしていただく機会を得ました。

友人に「なぜ、タクラマカン砂漠なの?
    ヨーロッパとかの方がいいじゃない?」
私 「どうしても行ってみたいの。ただそれだけ…」
私の前世はウイグル族だったのかもしれません。笑。


遊びまくって、ハア、ハアのMIYU&NICO。

08.6.09m.jpg
お兄ちゃんとシッターさんとでお子守をしてもらいます。
08.6.09n.jpg

6月末に帰ってくる頃は、アゲハちゃんも綺麗なアゲハ蝶に
なって飛び立っているのでしょうか…

08.6.09ageha2.jpg

それでは、しばし、お休みいたします。
ニックネーム MIYU&NICOママ at 20:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

before&after

トリミング、予約していた日に行けず
伸び伸びになっていました。
そうしたら、こーんな顔になってしまいました〜顔(え〜ん)

before
MIYU

08.6.6m.jpg

3ヶ月も行かなかったら、どんなになっちゃうのでしょうか…

NICO

08.6.6n.jpg

after
トリミング後、
♪こんにちは〜こんにちは〜♪
と目が出てきました。
MIYU

08.6.6m2.jpg

NICO
08.6.6n2.jpg
いない、いない、バアーってか…


さてさて、最近のMIYU&NICOはと
申しますと…

MIYU

08.6.6m4.jpg
ずっと、肝臓が悪くといっても病気というわけでは
ないのですが、ALTの数値が正常値よりやや高いのです。
獣医さんから、食事のタンパク質を減らして様子をみましょうと
いわれ、タンパク質を減らしているのですが、菜食主義の犬に
なりそうで…
なんとか他に手立てはないものか?
Goodそうだ、ミルクシスルを使ってみよう!!

ミルクシスル(種子)下

08.6.6mirukusisuru.jpg
古代ギリシャの時代から、肝臓といえばミルクシスルと
言われています。
シリマリンという成分が、肝細胞の細胞膜を保護し
毒物が細胞膜上の受容体に結合するのを防ぎます。

では、どうやってMIYUに服用させようか?
硬いから、浸剤(茶剤)にするには手間がかかるよな…

ひらめき名案が浮かびました!!
卓上ミルに入れて、ガリガリしてすれば簡単に砕けます。
それを茶剤にしてご飯にかけて…
MIYUも嫌がらずに食べてくれて大成功!!

08.6.6mirukusisuru2.jpg


NICO
08.6.6n3.jpg
相変わらず、トレーナーの先生にワンワンやっております。
NICO 「お母さん、一生懸命吠えているんだよ。
    ご褒美は?ご褒美は?」
私  「静かにしたら、あげるから…」
根競べの真っ最中!!であります。
吠えても無駄だとNICOに理解してもらえる日は
何時になるのかな〜


そして我が家の新家族?
アゲハちゃんです。

08.6.6ageha.jpg
毎年、我が家の山椒の木にアゲハチョウが卵を産みます。
何匹も幼虫がつくと、山椒の木は丸坊主になってしまいます。
今年も、4匹の幼虫をポイしたのですが、
こんなことしていたらあと20年後にアゲハチョウが
絶滅危惧種になるんじゃないか…などと思ったりして
5匹目のこの子は我が家の山椒で養ってあげることに
しました。
そう思ってみると、なかなか可愛いものです。


ニックネーム MIYU&NICOママ at 22:34| Comment(8) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする