2008年02月24日

もうすぐ、春〜ですね〜♪

昨日の午前中は晴れポカポカでとってもいいお天気でした。
こんな日は、やっぱり大きな公園に遊びに行きたくなります。

公園で走りっこ!!
MIYUちゃん〜!!ニコレッタ〜!!
(NICOの血統証上の名前がドンナ・ニコレッタ)

08.2.24-2.jpg
大きな声で呼ぶときは何故か、ニコレッタ〜となる私。
08.2.24-3.jpg
すると、私に向かって一生懸命走って来るMIYU&NICO.
もう、揺れるハート可愛くてたまりません。
幸せ一杯の私です。親ばかでございます。顔(メロメロ)

ふと、足元を見ると、「おおいぬのふぐり」が可愛いお花を
つけていました。
あんなに寒かったのに、もうそこまで春はやってきていますね!

08.2.24.jpg
ところで、こんなに可愛い花なのに、どうして
「大犬の陰嚢」なんて変な名前なのでしょう?
もっと素敵な名前をつけてあげたいものです。

あんなにいい陽気だったのに、
午後からものすごい風が台風台風
春一番とニュースでは言ってましたが、まるで台風みたい。

2階がリビングの我が家は、風あたりが強く
窓ガラスがガタガタ音をたてていました。
音に敏感なNICOは、「怖いよ〜」と不安な顔。

08.2.24-11.jpg
上の写真、MIYUのハウスに入っているNICO.
何故がMIYUのハウスが好きで入っていること多いのです。
NICOがゴミも収集顔(なに〜)するのでMIYUはここには
ほとんど入りません。

で…怖かったNICO。
MIYU姉ちゃんのそばが安心とソファに寝ているMIYUの
そばに寝ていました〜

08.2.24-10.jpg
MIYUはと言うと
「大きなお尻が邪魔ですわよ。」と迷惑そう…

MIYUちゃんのそばが安心なんだから、
寝かせてあげてね!!お姉ちゃん!



四葉    四葉    四葉    四葉    四葉    四葉    四葉    

春と言うと、花粉症の人には辛い季節。
杉花粉ではありませんが、NICOも花粉症。
秋まで辛い日が続きます。
おまけに下瞼の形成不全で涙がこぼれ落ちてしまうため、
ドライアイなのです。
そのため、角膜が傷つきやすく、炎症を起こして
黄色い目やにがでることも。
風の強い日や埃っぽい所への外出は獣医さんから
止められています。

08.2.24-4.jpg
目の下が涙やけできちゃなーいってくらい汚くなることも多く、
なんとかならないものかと体質改善にチャレンジすることに。

食事に毎回、下3つのものを加えてみています。

まずはヨーグルト!!
メーカーは何処でもいいのですが、今回は
これにこだわってみました。
「春のさわやかヨーグルト」

08.2.24-5.jpg
腸の重要な役割に免疫機能のしての役割があります。
腸内細菌のバランスが崩れるとアレルギー症状も悪くなります。

つぎはn−3系のオイル(α−リノレン酸)。
亜麻仁油でもよかったのですが、手近にあったので
シソ油(エゴマ油)で。

08.2.24-7.jpg
今までは、オリーブ油を使っていたのですが、
アレルギーによいということで使ってみることに。
但し、n−6系(リノール酸、γ−リノレン酸)と
n−3系のオイルの摂取バランスが大事
  …n−6系:n−3系=5:1〜10:1…
ということなのでそこは気をつけなくてはいけません。
(ちなみに人間は4:1位だそうです。)

真打は、ハーブのネトルで…
わたしがこのハーブティで花粉症が随分軽減されたので、
NICOにも使ってみることに。
ネトルパウダーを5日あげて2日休むというペースで
ご飯に一つまみふりかけています。

08.2.24-8.jpg
ネトルは。クロロフィルが豊富で古くから浄血目的で
よく使われます。浄血目的では、アトピーや花粉症などの
アレルギー疾患に用いられ、ドイツでは春先の春季療法として
使われています。またフラボノイドやカリウム、ケイ素を豊富に
含み、体内の老廃物を排泄します。

余談ですが、ネトル(西洋イラクサ)は、アンデルセン童話の
「白鳥の王子」で、王女がネトルの糸で服を編んでいるのですよ。

これで少しNICOの目が改善してくれるといいですが…

ニックネーム MIYU&NICOママ at 16:53| Comment(14) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする